トイレレバーの不具合による水漏れについて

トイレのレバーが戻らなくなったり、戻るもののトイレ 水漏れが止まらない、という症状が出ることがあります。トイレの水が出続けていると水道料金も高額になり、なにより気になって仕方がないと思います。
ここでは、レバーが戻らなくなる場合とレバーが戻る場合とに分けて、水が止まらない原因について解説してます。

■レバーが戻らなくなってしまったときの原因とは?

トイレの水を流すレバーを動かすと元に戻らなくなっている症状のときは、レバーそのものか内部のチェーンが悪くなっていると考えられます。このケースでの水漏れの量は多くなっていますので、止水栓をまわして水を止め、レバーやチェーンなどの交換をすることになります。
チェーンなどはホームセンターでも入手可能ですが、チェーンを調整するのがやや難易度の高い作業となります。自分で直す自信がない方は、早めにトイレの修理業者に連絡をするようにしましょう。

■レバーは戻るのに水が出続けるときの原因とは?

レバーが元どおりに戻る場合の水漏れの原因は、ボールタップ周りのトラブルが考えられます。ボールタップ自体に問題があるときと、ボールタップにつながっているチェーンに問題があることが多くなります。
トイレのタンク内にあるチェーンは、水の中に浸かっているため何十年も使用できるものではなく、交換が必要になる場合もあります。また、チェーンの長さが調節できていないことで水が流れ続ける症状が起きていることもあります。
自分で調整するのが苦手なときは、トイレの交換工事などを行う専門業者に診てもらうようにしましょう。

■まとめ
トイレのレバーが戻らなくなったり、戻るのに水が流れ続けるという問題は、意外と多く発生しています。解決するのが困難な水の問題ではないですので、安心してください。ただし、水が流れ続けている状況が長く続くと水道料金が高くなるなど、別の問題も発生します。早めに水回りの業者に相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ