トイレの水漏れや故障の原因について

トイレで水漏れが発生する原因は、さまざまですが部品の老朽化や故障によるものが多くなります。便器そのものが破損していたり、シャワートイレが壊れていたりするときはトイレリフォームも検討することになります。しかし、それ以外の部品の劣化などによる水漏れなら、専門業者に依頼して修理してもらうことが可能です。

■部品の劣化による水漏れについて

給水管やタンク内部のホースなどの接続部分から水漏れが発生している場合は、主にパッキンやフランジパテ、シール材などが古くなることが原因となることが多いです。これらの部材は、水が漏れるのを防ぐためにきっちりとパイプどうしをつなぐために使われています。
ところが、時間が経過するとともに水密性が失われてきて、完全に水を止めることができなくなります。結合部分のシール材などを取り替えることで直りますので、大きな損害になる可能性は小さくなります。

■地震の発生でトイレの水漏れがおきることも

地震が原因となるトイレの水漏れというものもあります。トイレの排水パイプが破損して床から水が漏れるようになるトラブルや、便座や便器の破損、便器の設置位置のずれによる水漏れトラブルもあります。
また、地震で物がぶつかるなどして大きな力や衝撃が加わると、トイレの温水洗浄便座やシャワートイレなどの故障につながることもあります。地震の後にトイレから水が漏れるトラブルが発生したら、安全のためにも専門性の高い水道修理業者に総点検を受けると良いでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、自分で何とかできるというケースは少ないです。水周りの専門家による補修や調整などが必要になることが多くあります。水周りの工事を専門とする水道修理業者なら見積もりや相談が無料でできるところもありますので、まずは、水漏れの状況を確認してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ